top of page

お知らせ・解説

RemoTELで在宅勤務をスムーズに進め、人材確保の鍵を握る!



クラウド電話システムRemoTELは、ビジネスにおいて次の強みがございます。


ポイント1:即時開始、柔軟な解約

契約からわずか5営業日でサービスを開始できます。 契約期間は1カ月単位で調整可能です。 通話ラインの追加や削減もスムーズに対応可能で、必要な時に必要なだけのサービスを利用できます。これにより、コスト管理が効率的に行えます。

ポイント2:必要最低限の機材

PCとヘッドセット、そしてインターネット環境があれば、どこでも通話可能です。 電話機の購入や電話会社との契約は不要です。通話はインターネット回線を介して行います。 既存の電話番号(0120や0570、03や06など)を継続利用可能ですが、安定した通信環境のために有線接続が必要です。

ポイント3:場所を選ばない顧客対応

インターネット環境とPC・ヘッドセットがあれば、オフィス以外の場所でも顧客対応が可能です。オペレーターは自宅やレンタルスペースからでも電話に応対できます。



クラウド電話システムを活用した多様な人材採用戦略

クラウド電話システムの導入は、企業における人材不足の課題に効果的な解決策を提供できる可能性があります。


クラウド電話システムを導入することで、全国規模での従業員募集や採用が容易になります。


さらに、TeamsやSLACK、メールシステムなどのクラウドベースの業務アプリケーションと組み合わせることで、出社勤務と在宅勤務を柔軟に組み合わせた業務運営が可能となります。

これにより、人材不足によるリスクを軽減できます。


例えば、RemoTELにはIVR(Interactive Voice Response)機能があります。

この機能を活用することで、電話の目的や条件に応じて在宅従業員に電話を振り分けることができます。

また、繁忙時間においては、在宅従業員に短時間の労働を依頼することで、人件費のコストを削減できます。

ただし、在宅勤務を推進するには事前の準備が必要です。

オンラインでの募集サイトや面接、雇用契約、マニュアル作成、教育カリキュラムの構築など、さまざまな準備が不可欠です。

さらに、出社組と在宅組の業務の仕分けやセキュリティの確保も重要です。


しかしながら、これらの取り組みは人材不足に悩む企業にとっては大きなチャンスです。


在宅勤務の推進を検討する際には、ぜひRemoTELをご利用ください。

Comments


Commenting has been turned off.
カテゴリ
タグ
bottom of page