RemoTEL-R-orange.png

導入事例

​ぐっどぴーす株式会社

代表取締役社長 大場良平 様

スタートアップ企業に適した
持ち出せる03番号の取得を
低コストで実現

RemoTEL Case Study

業務システム開発サービスなどを手掛ける ぐっどぴーす株式会社 代表取締役社長 大場良平 様にRemoTEL の導入前の課題や背景、決め手、効果などについて伺いました。

ー 御社の事業内容について、教えてください。

大場様:開発・運用・支援・業務委託など、システムエンジニアリングサービスを手掛けています。またMicrosoft 365 などのグループウェアの導入支援も行っています。

ー 今回、クラウドPBXの導入を検討されることになったのは、どのような背景からだったのでしょうか?

大場様: これまでバーチャルオフィスで活動をしていましたが、事務所を構えるにあたって固定電話番号の取得が必要となったためです。バーチャルオフィスでも番号提供サービスは利用出来たのですが、オフィス移転の際に解約を迫られるためRemoTEL を含めクラウド型のビジネスフォンサービスを検討しました。

ー 数あるクラウドPBXの中からRemoTEL を選ばれる決め手になったポイントは何でしたか?

大場様: シンプルで分かりやすい料金プランとサービス体系が良かったです。なにより安いのが決め手でした。他社ですとホームページでは低価格でも設備投資が必要だったりして、意外と費用が嵩むケースがありました。当社は立ち上げたばかりということもあり社員数が流動的なのですが、RemoTEL はプラン内であれば自社で柔軟に運用出来るのが良かったですね。

また想像以上に申し込みから納期までの期間が短かったことも驚きました。

ー 実際にご導入いただいて、どんな効果がありましたか?

大場様: 実はホームページ掲載後に、問い合わせの電話がかかってきて受注に繋がったのでビックリしました。私どものようなスタートアップ企業ですと認知度を上げるのも重要ですし、携帯番号ではなく 03番号 を利用することで信用を得やすくなることにも繋がったと思います。

実際に利用してみての感想ですが、テレワークで在宅勤務中に会社へかかってきた電話に対してもスマートフォンから応対出来たりと使い勝手もとても良かったですね。

ー これからのRemoTEL へのご要望をお聞かせください。

大場様: 現在スタッフも順調に増えてますので、より活用していきたいと思います。いずれは自社開発アプリを用意していただいてブラウザからログインせずに、さまざまな設定が出来るようになるといいですね。

​ぐっどぴーす株式会社

所在地: 東京都台東区秋葉原3-3 アキバビル2 階
設 立: 2021 年8 月2 日
資本金: 3,500,000 円
事業内容: インフラ/ 運用保守サービス・業務システム開発サービス・Android/iOS/Web 開発サービス・アウトソーシングサービス・RPA 関連サービス

MicrosoftTeams-image-27-e1627909612751.jpg